top   費用  予算  料金   外用薬  sitemap

 
ニキビ治療できれいになる

外用薬について

ニキビ治療について教えます

皮膚科でにきび治療に処方される外用薬には
次のようなものがあります。

ダラシンはリンコマイシン系の抗生物質ですぐれた抗菌作用があり、
にきび治療に有効です。

にきびの元となるニキビ菌(アクネ桿菌)やブドウ球菌などの
細菌の増殖を抑制して炎症や化膿を抑えます。


洗顔後の清潔な肌に、綿棒などを使ってにきびの部分にのみ塗り、
スキンケアはその部分を避けてするようにします。

健康の維持のために


副作用はほとんどありませんが、アルコールを含むためヒリヒリ感を感じることもあります。

 

アクアチムはニューキノロン系の抗生物質で、ダラシンと同様、にきび治療によく処方されます。
細菌のDNAの複製を阻害して細菌の増殖を抑えます。

刺激を与えない


ダラシンと比べるとトラブルを起こしにくい薬ですが、アレルギーのある人は注意が必要です。

 

テラマイシンは、オキシテトラサイクリンとポリミキシンBの
2種類の抗生物質が配合されているにきび治療の薬です。


突発的なニキビには非常に有効ですが、慢性的なものは
ストレスや生活習慣など根本から改善していく必要があります。

Copyright© 2011nikibi tiryou All Rights Reserved.